vol.7 藤枝市


 サッカーエース最中 

ころりと真ん丸のサッカーボールをかたどった最中は、サッカーの町藤枝の名物。ご存じない方は、ワールドカップにちなんで作ったの?と思われるかもしれないが、実は、今から45年も昔、昭和32年の生まれ。藤枝で国体が開かれたのを記念して、市内のお菓子屋さんたちが知恵を出し合ったもの。全国でも、正真正銘のサッカーボール型の最中は、藤枝でしか手に入らないという貴重な代物だ。
 もともと藤枝市がサッカーの町になったのは、大正11年、藤枝東高校(当時は志太中学)の初代校長・錦織兵三郎さんが、校技は蹴球(サッカー)にしようと宣言したのがきっかけだ。そのころ、日本の学校では野球全盛。ところが先生、ボールさえあれば貧しい生徒でも出来るスポーツだからと、あえてサッカーを選んだらしい。このエピソード、南米などの小さな町の原っぱや空き地で、子供たちがスーパースターを夢見てボールを蹴る映像と重なってくる。
 今回のW杯でセネガルチームのキャンプ地に選ばれた藤枝市には、開催期間中セネガルの国旗がはためいて、チームの活躍に町中が湧きたったという。ちなみに、このサッカーエース最中は、選手も食べたのかな?「う〜ん、きびしい食事制限があって残念ながら…」とキャンプのお世話担当者。そうだよね。でも、もし見ていたら、きっと大喜びしたに違いない。

取材協力
店名/池田屋菓子店
住所/藤枝市藤枝1ノ3ノ3
TEL 054(641)1650

店名/甘栄堂

住所/藤枝市本町2ノ1ノ32
TEL 054(643)2517

店名/フォンティーヌ府中屋

住所/藤枝市本町3ノ5ノ4
TEL 054(641)0359

(02/07/27)

▲中の餡は販売するお菓子屋さんごとに手作り。オレンジ色のパッケージもレトロで良い
▲セネガル選手が練習した藤枝総合運動公園サッカー場。8月17日(土)・18日(日)には「第10回全国PK選手権大会 in Fujieda」を開催。PK大会の観戦、フットサルやキックターゲットなどのゲームに参加できる。詳細は藤枝市スポーツ振興課TEL 054(643)3126
取材&写真/Team A*K


●えるウエーブ TOP へ
●ぶらっとお菓子探検TOP へ

Copyright (c)2001
Shizuoka Living Newspaper Network, Inc.
All rights reserved

このサイト内で使用されている
写真・イラスト・文章の無断転載はできません。
お問い合わせは「Lウエーブ事務局」へどうぞ。